寮生活!高校から親元を離れ分かる親の偉大さ!

tall woman かーりんです!
私は高校生活3年間は寮生活を送っていました!
地元の高校は歩いて行ける距離で
中学校より近いところにありました。
小学校・中学校は持ち上がりで1学年130名前後みんな
知っている顔ぶれでした。
そして田舎に住んでいたので
他の高校は電車で行かなければならなくて
それも嫌で進路に迷っていた時に寮がある高校を見つけました!
 


 

 

親元を離れる!

反抗期がひどかった私は親元を離れて生活を選びました。
なぜかといと毎日喧嘩で、そんな自分が嫌だったからです!
実際に高校から寮に入ってよかったことは
親の有り難みに早く気付けたことです!

 

親の存在の大きさ

入学式を終えて両親が地元に帰ったその日から
両親の存在の大きさに気づきました。
反抗しかしていなかったのですが
親が私の愚痴やら、話をしっかり聞いてくれていたことで
毎日私の心をリセットしてくれていたこと。
洗濯も部活から帰って来て自分でやる大変さ。
また電話をしたら車で迎えに来てくれる有り難さ。
ご飯も好きなものをおなかいっぱい食べさせてくれること。
また仕送りやお小遣いの愛情。
離れて気づく小さい1つ1つのことに
親の存在を感じない日はなかったです!

 

寮生活の規律

高校の女子寮ですので、
伝統に色々驚くことが多かったです。
部屋に入るルール、お風呂に入るルール
その他諸々・・・・・・
慣れるのに時間がかかりましたが
私の家は躾を口うるさく言われていたので
寮に入っても口うるさい親の延長かな〜くらいでした。
しかしここの生活で得たものが役立っています!

 

大人になってわかったこと

私が高校を寮生活することで
学費・寮費10万くらい毎月かかっていたそうです!
それに仕送りや部活の遠征費など随時入り
親はローンを組んで支払ってくれていたようです。
私はその親の愛情の深さに本当に感謝しています!
高校の3年間で大切なものを色々学ばせてもらいました。
忍耐力、継続力、団体行動、礼節など
若い時に身につけれたことが私の宝です。
子供のやりたいことをさせてくれた両親は偉大です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です