マンションのコンシェルジュという仕事について!

tall woman かーりんです!
主婦に人気のお仕事の一つ
マンションのコンシェルジュについて
書いていきたいと思います!


 

コンシェルジュとは

 

デジタル大辞泉の解説

コンシェルジュ(〈フランス〉concierge)
《「コンシェルジェ」とも》
フランスの共同住宅(アパルトマン)の管理人。
2 ホテルで、泊まり客の求めに応じて、
街の地理案内や交通機関・観劇の切符の手配などをする係。
3 公共施設や百貨店などで、
客の希望に応じてさまざまな提案や手配などをする係。
解説ではこれです!
実際のところは1 フランスの共同住宅(アパルトマン)の管理人。
のようなものです!

 

お仕事内容は

マンションに住んでいる人を居住者さん
また居住者で作っているのが管理組合です。
管理組合とコンシェルジュの会社が契約しているので
マンションによってお仕事内容は違います。
ホテル形式のクリーニングをやっているところが多いようです。
また共用施設や駐車場の申し込み・管理もあります。
都会ならではですかカーシェア(マンションで出来るレンタル車)の管理。
コンビニみたいな小さい売店を構えているマンションもあれば、
カフェのようなパンや飲料を提供しているところもあり
マンションの電球や消耗品を置いてあるところもあります。
色々見てきましたが
マンションによって様々です!
 

時間帯は

朝早いところだと7:00くらいから
遅いところだと22:00くらいまでやっているところもあるようです!
 

コンシェルジュの場所は

イメージとしたら
マンションに入ってすぐのとこにコンシェルジュの受付があると思います。
そういうマンションもあれば
共用施設の一室のような感じで
入り口から離れたところにある場合もあります。

 

マンションに住んでいる方

マンションがどこの地域にあるかによって違うのですが
外国の人が多いので英語が喋れないといけない地域もあれば
ファミリー層が住んでいる地域もあれば
富裕層が住んでいる地域もあり
様々です!

 

出来るならば〜

私もこういうマンションに住めるくらいな人物になりたいな〜
とは思いつつ、一軒家にも住みたいな〜
など思う毎日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です