荷揚げやの彼氏と結婚した!給料は?怪我への不安は?

Tall womanかーりんです。
私の主人は
建築関係で荷揚げや
という種類のお仕事をしています。
暑い日も寒い日も、
お外で毎日頑張って
働いてくれてます!!

そもそも荷揚げやって

私は主人と付き合うまで、このお仕事の存在すら知りませんでした。
何をするのか主人に聞いてみましたが、はっきりと内容は掴めていません。
わかる範囲で書くと建築中の現場で、壁や床等の材料?資材を運ぶ。
しかも重量級のものを。
また職人さんの作業の手伝い。お片付けなど。と聞いてますが全く理解できてません。
でも言えるのは私では持てないような重くて、大きいものを一人でまたは、数人で運び、階段も使い、それぞれの必要なところへ振り分けていくという、居なければいけない仕事なんだと思っています。

仕事時間と仲間とのお付き合い

朝が早い8時開始が多くて、現場が遠いと家を始発で出ていくときもあります。そして17時には終わることが多く、コンビニでビールやつまみを買いお仲間さんと飲む事が多く小銭をよく使ってます。
なので小遣い制にしないとあっという間にお金がなくなってしまうかも。

結婚、将来への不安

職種を聞いて初め思ったのは不安でした。
体力のいる仕事だから、いつまでも仕事ができないのでは??
怪我とか大丈夫なのか??と不安になることは多くありました。
また給料も歩合制でしたので、働けなくなったらどうするんだろう??など。考えたらきりがないと思いました。
でもよく考えてみると、パソコンを使う仕事の方や、営業の方、先生や他の職種の人でも交通事故にあったり、怪我をすることはあるし、今はリストラもあり、多分どの職についている人と結婚しても不安は変わらないと思いました。


年金!国民保険

2017年の4月まで建築系は制度がユルかったらしく、支払いが出来てないものが多かったのです。
結構いいお給料もらってるのに税金関係の支払いが未納が多く、何度主人にブチキレたかわかりません。なので結婚前に税金関係の支払いを確認しておくといいかもしれません。

確定申告を

主人は知識がなかったので確定申告を全くしていなかったので、税金がすごく高かったです。荷上げ屋の方は一人親方の人が多いので確定申告をした方が色々お得になります。交通費=経費、作業着=経費、仕事の方との打ち合わせ=経費、ちなみに我が家は、土建組合に入って色々お世話になっています。会社に属していないと国民健康保険で、1年間の稼ぎが多くて独身だと保険料が上がってしまいますが、土建組合だと国保から出て土建の保険に入るので、それも安くなりました。確定申告の時も色々教えてくれて助かっています。土建で一人親方保険も加入していました。

怪我をして

去年2017年の夏に左手の小指を骨折して1ヶ月仕事が出来ないときがありました。
会社の労災で支払う。となっていたのですが、なかなかうまくいかず、手続きが結構かかっていました。
この事をきっかけに、仕事が数ヶ月出来なくても生活出来るくらいの貯金は置いとかないといけないなぁー。と実感しました。

お給料

歩合制のときは40万を越えることはあったと言ってますが今は厚生年金に入り固定ですので30万くらいです。東京近辺では1現場7000〜9000円くらいで他の県だともう少し安いと聞いたりしています。

追記

この記事を書いてから数年たち、今は自営業に切り替わりました。違う仕事をしています。

自営業になるのが不安でしたが、会社員の時より自由を手に入れている主人を見て自営業にして、正解だったな〜と思っています。

上記にも書いていますが、荷揚げやさんは1人親方=自営業の人が多いと思います。主人は確定申告とかできていなくて、ものすごく高い税金を徴収されていました。

結婚する人が確定申告やっていなかったらそれを手伝ってあげるだけで生活が変わります!その浮いたお金で色々できてしまうほど浮きます。

我が家もそのおかげでずいぶん生活が楽になりました!

お金の知識をつけて賢く支えていきましょう!

自営業の妻になっちゃた!?大変?不安?後悔はある?それに答えます!


建築・現場関係の仕事の彼氏との付き合い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です