結婚式にいくらかかる!2人の貯金額!遠方の方や内祝いまで

tall woman かーりんです。

私たちは貯金があまりなかったのですが

結婚式をあげました(*^-^*)」

ゲストの皆さんに祝っていただいて感謝感激の一日でした。


[ad#ad-1]

二人の貯金額

私が70万、主人も70万くらいでした。

結婚式で貯金が出ることはなかったです!

本当にお祝儀でまかなえました!

しかし二人とも引っ越ししたので

主人の貯金は敷金。礼金。仲介料。家賃2ヶ月代

ほぼなくなりました。

私の方は結婚式の遠方から来る方の

交通費。ホテル代で使ってしまいました。

それでも退職金があったので

それは丸々貯金しています!

結婚式の費用

式場の方や式を挙げた方に聞くと

人は呼べるならたくさん呼んだほうが

お得よ!!と言われました。

はじめは60人くらいでしたが

最終的には96名のゲストをお呼びしました。

呼べば呼ぶほど安くなると聞いた主人が

いっぱい呼んでいました。

結婚式の費用を分類に分けると

 
☆お車代 約60万
遠方の友人をよぶので全額or半額負担しました 。
☆ホテル代 約10万
家族、宿泊友人、自分たちの分
☆御礼代(お心遣い) 約10万
主賓の方、スピーチ、受付、二次会幹事、カメラマン、ムービー作成者へ
☆式場に支払うお金 約295万
これはプランナーさんのいう通り
お祝儀でまかなえました(クレジットで一括Pointゲット!)
☆自分で探した方が安いもの 約10万
新郎の小物(シークレット靴・ウイングシャツ・お色直しの小物)
新婦の小物(ベール・手袋・靴・ウエディングインナー・ネックレス等)
ペーパーアイテム(席札・芳名帳)※招待状・席次表・メニューは頼みました。
☆両親に贈呈する品 約2万
写真立て・花束
☆二次会衣裳・会場費・演出費 0円
二次会は幹事さんに全部お任せしました。
☆エステ・ネイル代 約8万
ブライダルで安くなっているので油断すると回数を組まれてしまう。
☆会場に打ち合わせに通う交通費 往復420円×通った日数
打ち合わせ・衣装合わせで結構通います。
☆ハガキ・切手
招待状の切手(慶事用52円・92円)
☆指輪 秘密(笑)
男子は二種類の指輪を用意することを知らない場合もあり
(婚約指輪・結婚指輪)
[ad#ad-2]
  
私の場合はこのような内訳でした。

同じ時期に結婚式を挙げる先輩がいましたが

力を入れるところが違いいろいろあるのだなと思いました(^^)/

引き出物も関東関西で違うと思いますが、

私はカタログギフト・引菓子・縁起物の鰹節の

3つ用意してプチギフトにお米を配りました。

祝辞をしてくださった方々には

もう一品お礼の品をつけました。

有難いことに結婚式場に支払うお金はなんども言いますが

ゲストの皆さんから戴いたお祝儀で支払えましたが、

それ以外で貯金がかなり飛んでいきました…。

でも、ゲストに気持ちよく参列してほしかったので

出すとこは出して抑えるところはおさえました!

[ad#ad-2]

内祝い

 結婚のお祝いに対してお返しをすることを

『内祝い』というそうです。

しかも、お祝いの半額を返す

『半返し』が一般的ということでした。

これにびっくりです。

結婚するにあたって

本当にいろんなことを学びます。
 
両親とも離れているので

内祝いの準備も自分たちで用意しました。

私の実家は関西で私の両親が九州出身なので親戚を

結婚式に呼べなかったのでお祝いをたくさん頂きました。

両親には親戚へのお返しは『半返し』ではなくて

気持ちでいいと言われました。

そして知人に対しても

ほとんど年上の両親世代の方だったので

三分の一を目安に選びました。
 
 

ギフトの内容

 内祝いはカタログギフトではなくて

(ほしいものはある程度整っていると思って)

おすすめの

久原本家 かやのや』のだしと調味料セットと

結婚式の写真を贈りました。

ギフトも喜んでいただけましたが、

写真の方が反応は良かったです。

親戚は私のことを

生まれたころから知っているので(当たり前ですが(笑))

主人の顔写真と、

私の幸せそうな顔をみて安心してくれたようです。

 

お返し時期

 
挙式後一か月以内が目安とありました。

しかし私は二月の上旬に退職で

その時にお祝いをもらって

挙式が三月中旬で一か月たってしまい

挙式後に写真の準備や内祝いを買っていたので

遅くなるのが気がかりで心苦しかったです。

しかし、四月上旬に送ると

思っていたよりお礼の電話があり

「よかったー」と思いました。
 

ショップで買う時は住所を調べてから

 
ギフトを選ぶとき、遠方に送る人が多かったのですが

住所を控えてなくて一回自宅に送ってから、

自宅から郵便局に持ち込みという手間がありました。

料金を調べましたが郵便局でも、

宅急便でもほとんど一緒だったので、

お店で住所を書いて

そこから発送が楽だったなと思います。

なぜかというと自宅に送られてきて、

またそこから発送するために

紙袋に入れて住所書いて郵便局にいく、

この手間を考えたら

その場でやれた方がいいなと思いました。
 
 

まとめ

 結婚式前後で400万円が

私たち夫婦の目の前を脇目を振らず

通り過ぎて行きました。

あれは早かったです。。。

友人知人にたくさん祝福されてとても幸せでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です