ネガティブ主人の話をよく聞くと過去に囚われていた!

私は結婚前の仕事では人の話を聞く!
という仕事をしていました!
何千人の話を10年くらい聞いてきました。
なのである程度話すと
この人はこういうタイプかな〜と
だいたい分かるようになっています!

 


 

そこで気になっていたのは主人の会話。
とにかく何か違和感を感じていました。
でも妻の立場だしそういうとこ突っ込まれるの
いやかな〜と思って結婚して1年半経ちました。
が!!!!
とうとう向き合わないといけない時がきました。

 

私がキレたw

今主人は仕事が上手くいっていなくて
私はとにかく主人の話を聞いておりました。
しかも深夜になっても話が終わるまで聞いていましたが
何度も何度も同じことを繰り返して
イライラした私はブチ切れました!!!
すると主人はますますネガティブになり
これはあかんな!
と思い相手が主人だから遠慮していた
仕事で培った技術を施そうと決心しました!

 

なぜ主人は物事をネガティブに捉えてしまうのか

物事をネガティブに捉えてしまう人に多いのは
過去に囚われている事が多いのでそこを聞きだせるように
時間をかけて主人の話を聞いていきました。
その時に出てきた言葉を紙に書いて
文章にすることをオススメ
しています。
 

テーマはなぜ自分が嫌いなのか

そういうとこから深く掘れるように意識して
話を聞いていきます!
出てくる出てくるは自分の嫌いなところw
これでは物事を明るく捉えることできないな〜
それが率直な感想でした。
色々ありましたが一番の原因は
 

母親に理不尽に幼少の頃から怒られていたこと

なぜ母親に怒られてるのかわからず
とにかく自分が悪いんだと自分を責めて
感情を落ち着かせていたようです。
そこから何か起きると自分が悪いからこうなるんだ。
と自分を責めて問題解決していないまま
物事を終わらせてきたようでした。
なので責められていないのに責められているように感じが
いやになって物事・人間関係が上手くいかなかったようです!


 

自分は悪くないし母親も悪くないと許す

母親もその母親(主人の祖母)から理不尽に怒られており
また母親に怒られている以上に愛情もたくさんもらっているので
母親は悪くないという思いの方が強くて優しい主人です。
母親も子育てで八つ当たりしやすい主人に当たってただけで
主人は悪くなかったし、自分を責める必要はないんだよ!
と過去の自分を自分で許して認めてあげることをしました。

 

翌日から変わる

次の日にいつも苦手な集まりがあり、そこにいると
孤独を感じるといっていた主人なんですが
その日は楽しかったと帰ってきました。
主人もそのことに不思議がり
自分の心の中の何かが普段の人間関係に
大きく影響していることに気づいたそうです!
私も過去の囚われで上手くいかない事があり
先輩たちにこの施しを受けると見る見るうちに
世界が変わっていったので
主人の人生はここからさらに楽しくなっていくでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です